機能一覧

区分 機能 説明(iOS) 説明(Android) 説明(Windows8.1)
管理 端末の詳細情報 IMEI、モデル、内部容量(使用可/全体容量)、OS、製造、シリアルナンバー、キャリア、現在のポリシー、MDM+バージョン、デバイス名、Data Roaming可否、バッテリーレベル、SIMカード番号(ICCID)、電話番号、Wifi Mac Address、Rooting/Jailbreak、デバイス情報更新日時 IMEI、モデル、内部容量(使用可/全体容量)、外部容量(使用可/全体容量)、OS、製造、シリアルナンバー、キャリア、現在のポリシー、MDM+バージョン、データ暗号化、Data Roaming可否、バッテリーレベル、SIMカード番号(ICCID)、電話番号、Wifi Mac Address、Rooting/Jailbreak、デバイス情報更新日時 モデル、OS、容量(使用可/全体容量)、外部容量(使用可/全体容量)、シリアルナンバー、容量(ドライブ/全体容量/使用可)、デバイス名、デバイス登録日時、Data Roaming可否、バッテリレベル、Wifi Mac Address、WifiEnabled、BluetoothEnabled、PC SettingsSyncEnabled、デバイス情報更新、情報更新日時
インストールされているアプリ管理 インストールされたアプリのリストを管理者画面に表示
管理状態の確認
  • 緑:MDM+の管理対象で運用されている状態
  • 黄:MDM+を解除されて管理対象外の状態
ユーザー別管理 所有者情報を登録・変更が可能、ユーザーを新規登録、ユーザー別の端末管理が可能、端末登録時に別称を設定
端末の一括登録 CSV形式でデータをアップロードすることで複数のユーザーを同時に登録することが可能
チーム管理
  • 1ユーザーを複数のチームへ登録して管理することが可能
  • チームに属した端末に一括でアプリの配布
  • チームに属した端末に一括でメッセージ送信
  • チームに属した端末に一括でドキュメントを配布
  • チームに属した端末に一括で住所録を追加
  • チーム単位での現在位置の確認
  • チームに属した端末に一括でポリシー設定を適用
チームに属した端末に一括で構成プロファイルを送信(iOS)
端末紛失・盗難対策
  • リモートロック:紛失や盗難時に携帯電話を遠隔地からロックすることが可能
  • 端末に設定したパスコードを解除
  • リモートワイプ:全データを削除し、端末を工場出荷時の状態にする
端末のパスコードを管理者側で変更 リモートロック:紛失や盗難時に携帯電話を遠隔地からロックすることが可能
MDMプロファイル削除防止 MDMのプロファイルを削除した時に、MDMの管理機能が無効になってしまうことを阻止 端末の設定からMDM機能を無効化した時に、パスワードの強制変更または端末の初期化を行う
ポリシー
端末機能の制御
パスコートの設定
  • 単純なパスコードを許可   :文字列を繰り返したり、昇順または降順に並べることを許可するか否かを設定
  • 英数字の値が必要      :パスコードに1つ以上の英数字を含めるかを設定
  • パスコードの文字数     :使用できるパスコード文字の最小数を設定
  • 複合文字の最小数      :使用できる英数字以外の文字の最小数を設定
  • パスコードの有効期限    :パスコード変更を要求するまでの日数
    (1~730)を設定
  • 自動ロックまでの最長時間  :デバイスが自動的にロックされる時間を設定
  • パスコードの履歴      :過去パスコードをの重複を確認。(1~50)
  • デバイスロックの最長猶予期間:パスコードを再入力せずにデハイスのロックを解除できる時間
  • 入力を失敗できる回数    :設定回数を超えてしまうデバイスを工場初期化
    • パスコードのタイプ   :スクリーンをロックするパスコードのタイプを指定
    • パスコードの文字数   :
    • 自動ロックまでの最長時間:この上限時間デバイスがアイドル状態になると、デバイスをロック
    • 入力を失敗できる回数  :設定回数を超えてしまうデバイスを工場初期化
機能制限
  • iCloudのフォトストリームオプションを制御
  • スクリーンショット保存禁止
  • AppStoreやiTunesを使用したアプリケーションのインストールやアップデートを禁止
  • アプリケーション内の課金を禁止
  • iTunesStoreパスワードの入力を強制
  • ゲームセンターのマルチプレイヤーゲームのプレイを禁止
  • ゲームセンターの友人追加禁止
  • iCloudのバックアップオプションを制御
  • iCloudの書類の同期オプションを制御
  • ローミング中の自動同期を許可
  • 音声コマンドを使用しての電話ダイヤルを制御
  • 強制的に暗号化バックアップ
  • 信頼できないTLS証明書の受け入れを許可
  • ユーザが信頼できないTLS証明書を受け入れることを許可
  • Siriの制御
  • スクリーンロック中にSiriを許可
  • iCloudキーチェーンを許可
  • Touch IDによるデバイスのロック解除を許可
  • ロック中のPassbook通知を許可
  • ロック画面にコントロールセンター、通知センター、今日表示を表示
  • 証明書信頼設定の自動アップデートを許可
  • カメラの使用を許可
  • SDカードの使用を許可
  • Bluetoothの使用を許可
  • デバイス「設定」へのアクセスを許可
  • メール同期の使用を許可
禁止アプリ
  • 禁止アプリをインストールした場合管理者とユーザにメールで通知
  • 禁止アプリをインストールした場合MDM+アプリへの接続制限及びメール通知
  • 禁止アプリをインストールした場合デバイスの工場初期化
コンテンツ制限
  • YouTubeの使用を制御
  • iTunesMusicStoreの使用を制御
  • Safariの制御
  • Cookieの受け入れ
  • YouTubeの使用を制御
  • ブラウザの使用を制御
  • GooglePlayの使用を制御:アプリのダウンロードを禁止
構成プロファイルを配布 iOS構成プロファイル(拡張子:.mobileconfig)を配布してVPN構成情報、Wi-Fi設定、APN設定、Exchangeアカウント設定、メール設定、Webクリップなどの設定が可能
監視モード(Supervised Mode)
  • Airdropを許可:アプリでAirDropの使用を制御
  • iMessageを許可:iMessageを使用したメッセージの送受信ができなくなります。
  • iBook Storeを許可:iBooks Storeが無効になり、ユーザが「iBooks」アプリからiBooks Storeにアクセスできなくなります。
  • Appの削除を許可:ユーザはアプリを削除できるようになります。App Storeや「iTunes」など、iOSに付属しているアプリをユーザが削除することはできません。
  • Game Centerの使用を許可:「Game Center」が無効になり、ホーム画面からアイコンが削除されます。
  • 友達を探す設定の変更を許可:「友達を探す」アプリの設定を変更できなくなります。
  • Apple Configurator以外のホストとペアリングを許可:デバイスを任意のMacと同期することができます。
  • Webサイト制限:Webサイト制限 デバイスが表示できるWebサイトを選択します。アダルトコンテンツを自動的に除外してから、特定のサイトへのアクセスを許可または拒否できます。特定のWebサイトのみを表示できるようにデバイスを設定してから、それらのWebサイトのブックマークを作成することもできます。
カレンダーの設定 カレンダーサーバーの接続情報の設定
連絡先の設定 連絡先サーバーの接続情報の設定
WebClipの設定 デバイスのホーム画面にWebページのリンクを設定
メールの設定 ユーザーのPOPまたはIMAPメールアカウントを設定
Exchangeの設定 Microsoft Exchangeサーバのユーザ設定
Wi-FIの設定 WiFiの接続情報設定
おすすめアプリの設定 MDMアプリ内のアプリリストの表示設定
MCM(モバイルコンテンツマネジメント) ドキュメント管理及びモバイル端末への配布機能
    • ドキュメント保存doc/docx/pdf/xls/xlsx/mp3/mp4/pages/ppt/pptx/rtf/txt/png/jpg/gif/psd/numbers/keynoteなどのファイルを各端末に配布
    • ドキュメントをフォルダ単位で配布
    • 配布ファイルの閲覧状況箆確認遠隔削除
    • 配布ファイルの遠隔削除
  • OpenInを使ったドキュメント閲覧(iOS)
  • ドキュメント観覧時に縦横支援(iOS)
MAM(モバイルアプリケーションマネジメント) アプリ管理及びモバイル端末への配布
  • 自社アプリケーションを配布(MDM+経由で配布)
  • iTunesAppStoreからの推奨アプリケーションを配布
  • 自社アプリケーションを配布(MDM+経由で配布)
  • GooglePlayからの推奨アプリケーションを配布
インストールアプリの管理 端末にインストールされているアプリのリストを管理画面に表示
Black List
  • 禁止アプリをインストールしたとき、管理者に通知メールを自動送信
  • 禁止アプリをインストールしたとき、強制リセット
住所録の管理 住所録の配布
  • 電話番号などのアドレス情報を、各端末のアドレス帳へ一括追加
  • 配布した住所録のリモート更新
位置情報 位置情報表示
  • 移動経路の確認
  • 最終更新位置の確認
  • 3ヶ月分の履歴
現在地リクエスト 端末に現在のGPS情報を要求。送信されたメッセージをクリックすることで現在地を取得。 端末に現在のGPS情報を要求。MDM+の位置情報がONの場合、現在地を取得。
住所録データとGPSの連動 MDM+には業務上の企業や社内の連絡先を、管理者がウェブから各モバイル端末に共有できる機能を提供しているますが、配布時にウェブ上にアップロードした住所データとモバイル端末の現在位置が連動し、近くの取引先企業の場所を画面上に表示します。近くにいる社員を確認し、端末に必要な業務指示を送ることが可能です。

2015.03.18 現在

ページの先頭に戻る